脇の黒ずみは豆乳ローションで消せる?

脇の黒ずみを豆乳ローションだけで消すのは、かなり難しいと言えます。

豆乳には、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが豊富に含まれており、体毛を薄くしたり、新陳代謝を活発にする作用があります。

新陳代謝が活発になると、肌が生まれ変わり、黒ずみが徐々に薄くなっていくことはありますが、完全に消えるまでに薄くなる可能性は低いでしょう。

しかし、抑毛効果によって、脇のムダ毛処理の回数が減り、黒ずみを予防することは出来るため、黒ずみ対策としては役立ちます。

では、どのように使えば良いのかというと、色々な方法があります。

最もポピュラーなのは、お風呂上りに塗る方法ですが、ムダ毛の処理をした後に使うと、黒ずみを予防するとともに、抑毛効果も得られ一石二鳥です。

また、コットンに含ませてパッティングしたり、綿棒に付けてピンポイントでケアするなどの方法もあります。

豆乳ローションは、市販のものを買うこともできますが、豆乳とレモン、消毒用アルコールを混ぜて、自分で作ることもできます。

即効性はありませんが、時間をかけてじっくりと脇のケアをしたい人は、低刺激で肌に優しい豆乳ローションを試してみてはいかがでしょう。

a1

脇の黒ずみは乳液で改善出来る?

夏の季節になるとノースリーブの服装や肌の露出が多くなるファッションを楽しむ女性が増えてきますが、薄着のファッションを最大限楽しむためには普段からしっかりムダ毛の処理を済ませる必要が出てきますよね。

特に脇はムダ毛が濃く、しっかりしている毛質のため、きちんとケアをしていないと恥ずかしい思いをしてしまう可能性があります。

ただ脇のお手入れをカミソリや電動シェーバーなど高い頻度でケアを行う方法で処理していると、皮膚が薄くデリケートな場所である脇などは、色素沈着を起こして消えない黒ずみになってしまう危険があります。

そのため、除毛を繰り返し行っている方は出来るだけお手入れ方法を改善し、脇の保湿を念入りに行うことで肌の再生が活発となり、黒ずみを薄くすることが出来るようになります。

まずカミソリや電動シェーバーの利用はやめ、脱毛ケアに切り替えることが大切になりますし、次に肌が乾燥しないようにこまめに保湿ローションや乳液を利用するのも黒ずみ改善に役立ちます。

乳液自体に黒ずみを薄くする直接的な効果は無くても、人工的な皮脂膜として一時的にバリア機能を回復して肌を保護する役割が乳液にはありますので、ダメージを受けた肌は念入りに乳液で保護することで色素沈着を悪化させないことが可能になります。

a2

脇の黒ずみのせいでノースリーブが着られません

脇の黒ずみのせいで、恥ずかしくてノースリーブの洋服を着られないという女性は少なくありません。

脇は腕を動かすたびにこすられるので、ただでさえ摩擦が起こりやすい部分です。

ムダ毛をカミソリや毛抜きで処理している場合は、さらに刺激が与えられるので、皮膚を保護するためのメラニンが過剰に生成されやすくなります。

黒ずみの原因はこのメラニンなので、改善したいときは出来るだけ肌に刺激を与えないことが大切です。

そのうえでジェルやクリームなどでしっかり保湿すれば、少しずつ綺麗な肌に近づくので、ノースリーブを平気で着られるようになるでしょう。

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理している人は、その回数を大幅に減らすか、肌に優しい電気シェーバーに変えるようにしてください。

または脱毛サロンや美容クリニックで脱毛を行えば、施術中は多少の刺激が与えられますが、その後は自己処理の回数を減らせるので、黒ずみを改善しやすくなります。

ジェルやクリームで脇の保湿を行うときは、セラミドなどの保湿成分やプラセンタなどの美白成分、グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分が入っているものを選びましょう。

脇に与える刺激を減らして、保湿を怠らないようにすれば、徐々に黒ずみが改善され、ノースリーブを着ても恥ずかしくない肌になれます。

a3

脇の黒ずみを解消するために重曹は効果ある?

脇の黒ずみを解消する方法にはいくつかの方法がありますが、そのひとつに重曹を使う方法があります。

夏を迎えるにあたり、ノースリーブや薄着をしたいけれども、脇の黒ずみに悩んでいる女性は多いものです。

脇の黒ずみを重曹を使って完全になくすことは難しいですが、薄くすることは可能です。

しかし黒ずみにも種類があり、どんな種類かによって、解消することができるかは変わってきます。

黒ずみの種類としては、大きく分けると埋没毛によるもの、毛穴の汚れによるもの、色素沈着によるものの、3つに分けられます。

この中で重曹を使って解消できるものは、毛穴の汚れによるものです。毛穴に詰まった汚れや皮脂は酸性の性質を持っています。

酸性の汚れを中和するためには、酸性では中和することはできません。酸性の汚れはアルカリ性で落とすことができるのです。

しかしアルカリ性であればなんでもよいというわけではなく、強すぎると肌が炎症を起こす原因となり、ひどい場合には皮膚が黒ずんでしまうこともあります。

そのため、使用するのは弱アルカリ性である必要があります。

重曹は弱アルカリ性で、肌への負担を最小限に抑えたうえで、毛穴の汚れや皮脂を落とすことができます。

a4

原因は肌がターンオーバーできないから?

脇の黒ずみの原因はお肌のターンオーバーができていないせいって本当でしょうか?

お肌は通常28日の周期で入れ替わります。古い角質がはがれ落ちて新しい細胞に入れ替わる周期のことですが、これをターンオーバーといいます。

脇の下は常に腕や衣服と接しているのでこすれやすく、角質が傷つきやすい部分といえます。

傷ついた角質はターンオーバーの時に正常に入れ替わることができなくなります。すると古い角質がはがれ落ちなくなり、何枚も重なってしまうのです。

1枚では向こう側が透けて見えるような薄い紙でも、何枚も重ねると透けなくなりますよね?脇の下ではこれと同じことがおきてしまい、黒ずみができてしまうのです。

毎日毎日こすれているので、たとえ成長期のターンオーバーが活発な時期でも黒ずみがおきることはあります。

しかし脇の見える薄着の季節に黒ずみがあっては、女子としてとっても気になりますよね。そこできちんとターンオーバーできるように少し助けてあげましょう。

お風呂に入ると角質は柔らかくなります。十分柔らかくなったらこすれた時にダメージを受けにくくなるように、脇の部分をクリームで保湿します。

潤った角質は自然にはがれやすくなり、黒ずみを少しずつ薄くする効果がありますよ。

a5

脇の黒ずみにまつわる話

ここでは脇の黒ずみに焦点をあてて説明をしました。

脇の黒ずみに限らず、黒ずみはあるとテンションが下がってしまったりすることもありますよね。

ということで、黒ずみに特化したウェブサイトを紹介したいと思います。参考にしていただければ嬉しいです。